「投資スクールの情報って何を信じたらいいの?」
そんな人に読んでほしい

投資スクールの口コミ集めました 投資スクールの口コミ集めました

投資はなぜ必要?【どこよりもわかりやすく】投資のメリットや疑問点を解説


投資をやったほうが良いのだろうけど、「投資は自分には関係なさそうなもの」「投資は難しそう」こんな風に思って諦めていませんか?

この記事では、投資はなぜやったほうがよいのか、投資に関するよくある疑問などを取り上げて、解説していきます。投資に少しでも興味がある方は、参考にしてみてください。

【この記事で主に紹介すること】
・なぜ投資を始める必要があるのか?
・投資を始めるときに気になる疑問を解決

目次

そもそも投資とは?


老後資金問題が騒がれて久しい昨今では、銀行預金よりも投資を推す声が増えていますよね。
しかし一体、投資とは何なのでしょうか? 「将来の自分へ投資する」「子供の将来のために投資する」など、自分自身や他者へお金を投じることに対して「投資」という言葉を用いたりもします。しかしここで言う投資とは、

『利益を見込んで自己資金を投じること』

という意味になります。
つまり株式や債券、さらには投資信託を購入し、利益を得ることです。
そして、投資をする目的も当然『お金を増やすこと』になります。

しかしひとえに投資といっても、対象は様々あります。
いくつか代表的な商品とその特徴を簡単に紹介すると・・・

株式:​​企業が資金調達のために発行する株式を売買し、その差額利益を期待する投資方法
債券:国や企業などの発行体が、投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券に投資する方法
不動産:利益を得ることを目的に土地・建物を購入する投資方法
:世界共通の価値を持つ投資資産である金を購入する投資方法。日本国内での金価格は米ドルの為替相場の変化に応じて上下する
外貨預金:円ではなく、ドルやユーロなどの外貨を円同様の仕組みで預金する方法。預けたお金に対して利息が付与され、引き出し時は円に換金する
投資信託:投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品

これらいずれかの投資商品を使って資産を増やしていくことが、投資の手段・目的になるのです。

投資はなぜやる必要があるのか?


しかしながら、なぜ投資をする必要があるのでしょうか?利息こそほぼないレベルですが、銀行にお金を預けておけば低リスクで資産を守ることができるじゃないか?と思われる方もいると思います。しかし、投資をする目的はただ一つ、利益を出し、資産を増やすことです

ただし、投資に絶対はありません。少なからずリスクを孕んでいる以上、手を出すべきではないと考えるのは当然のこと。しかし、それでも投資に手を出す理由はあって、メリットも大いにあるのです。その理由について細かく説明していきましょう。

物価が上がると、現金の価値が目減りしてしまう

最近では、ウクライナ危機の影響もあり、幅広い分野でインフレとなっています。しかもこの状況は先行き不透明で、いつまでインフレが続くか予測できない事態に陥っています。

インフレになると、言わずと知れて物価が上がります。つまり、多くの企業にとってチャンスと言える状況だということがわかるでしょうか。なぜなら、デフレになると物価は下がり、企業は利益を上げることが難しくなるのです。もちろん、業種によってはデフレの方が業績を伸ばすこともあるでしょう。しかし一般的にはその逆が主であると捉えてよいと思います。

さらに、国内でインフレになると政府は金融政策を講じ、金利を下げようとしますよね。なぜかというと、単純に円の価値が下がってしまうからに他なりません。

ということは???

安直ですが、外貨を買うチャンスであり、株式で言えば『買い』の銘柄が見やすくなるのです。

金利が下がると預金の旨みもなくなり(そもそも0.01%程度では何の旨みもありませんが・・・)、現金至上主義者は路頭に迷ってしまいます。買い物も消極的になるし、金利の恩恵にも与れなければ、一体どうやって資産を守ればよいのかわからなくなってしまうからです。

特に今、この状況で投資を薦める理由はそんなところです。

預貯金より投資のほうが「お金が増える」可能性が高い

当然のことながら、タンス預金は無金利です。しかしご存じの通り、銀行預金の金利にしたところで雀の涙以下と言っても過言ではない程微量なのが現状です。

そこで投資はどうなのか?前記した様に、投資に絶対はありません。言うなれば、確実に利益を出す投資方法・銘柄など存在しないということです。そこまで言い切っても尚、投資をやるべきだと思う理由は何か?

それは、投資をした方が「資産が増える可能性が高い」からに他なりません。

そこで一つ例を出して説明しましょう。
例えば360万円の貯蓄があったとして、それを金利0.01%の定期預金に預けた場合と、期待利回り5%の投資信託に入れた場合、どちらも計30年運用した場合、結果はどうなるのか? 比べてみましょう。

【定期預金に預けた場合】・・・¥3,610,816
【利回り5%の投信に入れた場合】・・・¥15,558,993

あくまでシミュレーション結果ですが、定期預金の金利はこの先もさほど変わらないと考えられるので、ほぼリアルな結果と捉えてよいでしょう。それにしても360万円を30年預けて増えたのはたった1万円程度では何にもありませんよね?

無知のまま信用取引に手を出したり、ギャンブル性の高い投機(FXや暗号資産)に手を出さなければ、5%程度の利回りで安定的に結果を出すことは難しくありません。
あくまで可能性の話になりますが、少なくともiDeCoやNISAを使って積み立てることで、360万円の余剰資金全てを溶かす可能性はほぼありません。

この様に、将来蓄えておくべき資産を少しでも増やしたいと考えるなら、投資という手段がいかに有効であるかがお分かりいただけたでしょうか?

投資をするとどんなメリット、デメリットがある?


先のことを考えれば、安定的に投資を形成する方法として投資が有効であることはわかると思います。その通り、投資のメリットは「利益を出すことによって資産が増える可能性がある点」です。しかしその反面、デメリットもあります。それは、損失を出す可能性もある点に他なりません。

ただし、リスクを抑えて安定的に資産を運用する方法はあります。
それは、投資する商品やそれを運用する方法によって様々です。
ここでは、資産形成に有効な投資商品のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます

株式投資にある3つのメリット

端的に言うと、株式投資には3つのメリットがあります。それぞれ詳しく紹介していくと・・・

値上がり益が見込める
単純な話ですが、企業の業績が上がると、それに合わせてその企業の株価も上がります。そして購入時よりも株価が高まった際に売却することで、差額分が利益となるのです。それが値上がり益と言われる利益で、株式を購入する目的であり、一番のメリットと言えます

配当金を得られる可能性がある
値上がり益とは別に、投資する企業によっては配当金を得られる場合があります。配当金とは、企業が決算を行ない、利益が確定した後に払われるものです。年に1、2回、ひと株あたりの金額で計算されます。但し、企業の決算状況によっては、配当金が払われなかったり、例年よりも減ってしまう場合、さらには全く払われないケースがあることも覚えておいて下さい。

企業からサービスが受けられる
企業によっては、自社株を一定数以上保持することで、その企業のサービスや商品を受けられる「株主優待」という制度を設けているところがあります。会社が決めた権利確定日までに必要数の株式を持っている必要があることと、持株数に応じてもらえるサービスや商品に差異があることを覚えておきましょう。

投資信託にある3つのメリット

安定的な資産運用が見込めることから、近年ユーザーを増やし続けている投資信託ですが、一体どんなメリットがあるのか? 投資信託が持つ3つのメリットについて細かく紹介していきましょう。

少額から始められる
投資信託は最低100円から投資することができます。
株式の場合だと最低購入数が決められており、一株から購入できる単元未満株を除けば、低資金で運用することはできません(単元未満株の場合は見込める利益も薄い)。しかし投資信託の場合は、いくつかの金融商品を組み込んだものを100円から購入することができるのです。

プロに運用を任せることができる
株式や債券を単体で購入する場合、運用するのは当然購入者本人となります。しかし投資信託の場合、運用はプロであるファンドマネージャーに一任できるのです。最低限やることは、購入後、定期的に発行されるレポートを見て、運用状況を確認することくらいになります。

分散投資でリスクを軽減できる
投資信託最大のメリットと言えるのが、この分散投資ができる点です。例えば、一つの企業に絞って株式を購入した場合、その企業が業績を落とし、あらぬことか倒産してしまった場合は大きな損失を負うことになってしまいます。

しかし投資信託の場合は、いくつかの商品を組み合わせて購入することによって、リスクを分散できるのです。つまり、組み込む商品個々に入れる金額を分け、前期した要因などによる値下がりのリスクを軽減・回避できます。

不動産投資にある3つのメリット

かかる費用を考えると、多くの方が最もハードルの高い投資手段だと思われるのが不動産投資です。さらに管理費用などのかかる経費を加味すると、とても手を出しやすい手段だとは考えにくいものです。しかし、不動産投資にはいくつもメリットがあります。

安定的な収入が見込める
購入した不動産を売却することで利益を得る方法もありますが、それでは安定的な収入を得られるとは言えません。不動産投資の場合、所持する物件を賃貸に回すことで安定収入が見込めるのです。昨今では、投資物件として新築のワンルームマンションが売れていると聞きますが、それを賃貸にして他人に貸すことで、毎月の家賃収入を得ることができます。

家賃を滞納されてしまうとお手上げですが、常識的な方に貸すのであれば、これほど効率の良い収入源はないと言えるでしょう。

所持物件が資産になる
当然のことながら、購入した物件は持ち主の資産になります。しかも、ローンが残っている場合でもあなたの資産として見なされるあたりは強調しておく必要があるでしょう。しかし少しでも自己資金を投入することが条件になります。例えば、人気のエリアで築年数の浅い良質な物件が自身の資産になるなら、申し分ありませんよね。但し、好条件の物件はそれなりに値が張ることは忘れてはいけません。

節税効果がある
不動産投資最大のメリットと言えるのが、節税効果がある点です。しかし、不動産を所持しているだけでは節税できるとは言えません。不動産投資で受けられる節税の恩恵は所得税と住民税の2つ。さらに、不動産の購入にかかった費用が家賃収入よりも多かった場合のみ、その負債を所得で損益通算できるのです。

投資に関する疑問を解決!


投資はメリットが豊富なので、将来の資産状況に不安をお持ちならぜひやってみるべきです!と声高に言うのは簡単です。しかし、投資のイロハもわからないビギナーが、余剰資金があるだけで手を出せるほど簡単なものではありません。

ビギナーが軽い気持ちで投資を始め、資産を減らしてしまったなんて声はよく聞きますし、その方の多くは失敗した理由すらよくわからないのが現実です。ここでは、一般的にビギナーが覚える投資についての疑問や不安について解消すべく、答えていきましょう。

投資初心者の失敗事例については「投資初心者の失敗事例から学ぶ!リスク軽減方法と鉄則を紹介」でも詳しく紹介しているので、気になる方は読んでみてくださいね。

Q.投資は大金がないとできないのでは?

前記した様に、投資信託なら100円から始めることができます。さらに、単元未満株の場合はひと株から購入できるので、大金を用意する必要なく投資を始めることができますよ。もちろん、元手が低いということは、見込まれる利益もまたさほど大きな金額は見込めません。まずは目標額を決め、それが叶う運用資金を投じることが大事だと言えます。

まずは無理なく、月々の余剰金程度を投資に回すことから始めてみることをおすすめします。

Q.投資は副業になるの?

副業が禁じられている企業にお勤めの方は気になりますよね。しかし結論から言うと、投資は副業になりません。何故かというと、株の売買によって得る利益はあくまでも売却による差額益となり報酬ではないため、副業とはみなされないのです。

しかし、投資で得た利益は申告する義務があります。よって住民税の納税額が上がると、会社に投資をしていることがバレてしまうあたりは知っておくべきでしょう。

Q.投資だけで生活はできるの?

もちろん投資だけで生活していくのは可能です。昨今流行りのセミリタイヤ、もといFIREを実現している方は少なくありませんし、その多くが投資を収入源にしているのです。筆者もできれば投資だけで生きていきたいと考えたことはありますが、やはり難しかったです(泣)。

例えば、デイトレードを日課として利益を出すのであれば、毎日市況をチェックし、動向を考える必要がありますよね。さらに日々メディアに目を向けて、経済情勢を把握する必要がありますし、売り買いのタイミングや埋没している有力な銘柄を見極める眼力も必要になるでしょう。つまり、投資に関する十分な知識やテクニックを持ち合わせていないと実現は難しいと思います。

とにかくまずは一生懸命投資を学ぶ必要があるでしょう。

まとめ

投資はなぜ始めたほうがいいのか、投資に関するよくある質問などを紹介してきましたが、投資に関するイメージは少し変わりましたか?

投資に興味が出てきた方には、投資の勉強は何から始めるべき?レベル別おすすめの学習方法や進め方を解説の記事で勉強方法についても紹介しているので、参考にしてみてください。 

関連記事